トップページ > 第18回日本フルートコンヴェンション2017 in 川崎
ムラマツフルート
トップページへ >>
ムラマツフルート
» 戻る
  • L.ユーグ:ヴェルディの「仮面舞踏会」による協奏的大幻想曲 作品5(2Fl.Pf.)
    Luigi Hugues / Grande Concerto Fantasy on Themes from "Un Ballo in Maschera" by Verdi op.5
  • F.ブゾーニ:二重奏曲(2Fl.Pf.)
    Ferruccio Busoni / Duo
  • G.プッチーニ/七瀬あゆこ編曲:マダム・バタフライ奇想曲(2Fl.Pf.)
    Giacomo Puccini / Capriccio on "Madama Butterfly"
  • S.メルカダンテ:3つのセレナーデ(2Fl.A-Fl.)
    Saverio Mercadante / Three Serenades
  • G.ブリッチャルディ:四重奏曲 イ長調(4Fl.)
    Giulio Briccialdi / Quartet in A Major

※プログラムは変更になる場合がございます。

<展示ブースのご案内> オーケストラ・スタジオ C101 にて、ムラマツフルートをお試しいただけます。

※コンサートは無料ですが、別途参加費が必要となります。
詳しくは「第18回日本フルートコンヴェンション2017 in 川崎」公式HP(http://japan-flutists.org/festival/flute-convention/)をご確認ください。

ドメニコ・アルファーノ/使用楽器:24K.GOLD

ボローニャ歌劇場管弦楽団首席奏者
イタリア・ナポリ出身。サンタ・チェチーリア音楽院を首席で卒業。ドメニコ・ファリエロ氏に師事。その後、カルロ・タンポーニ、パトリック・ガロワ、ブルーノ・カヴァッロの各氏のもとで研鑽を積む。これまでにRAI国立交響楽団、ナポリ・サン・カルロ劇場管弦楽団、ジェノヴァのカルロ・フェリーチェ歌劇場管弦楽団などのオーケストラで演奏。
現在、ボローニャ歌劇場管弦楽団で首席奏者を務めるほか、ソリストや室内楽奏者としての活動も積極的に行い、国内外でのマスタークラスの開催、ボローニャのメディチーナなどで、後進の指導にも力を注いでいる。


フラヴィオ・アルツィアティ/使用楽器:14K.All GOLD

カルロ・フェリーチェ歌劇場管弦楽団首席奏者
ミラノで学び、さらにウィリアム・ベネット、マクサンス・ラリューの各氏に師事、その後3年間ペーター=ルーカス・グラーフのもとで研鑽を積む。室内楽のコンテストでは多数の受賞歴があり、ミラノ・スカラ座管弦楽団、トリノ王立歌劇場管弦楽団、ミラノ・スカラ・フィルハーモニー、ローマ・オペラ座、ボローニャ歌劇場管弦楽団など、イタリアの主要な団体と共演している。2000年から現在に至るまで、ジェノヴァのカルロ・フェリーチェ歌劇場管弦楽団首席フルート奏者を務めている。


ジャンニ・ビオコティーノ/使用楽器:14K+9K.GOLD

グィード・カンテッリ音楽院教授
ミラノ音楽院卒業。グラウコ・カンブルサーノ氏に師事。その後、マクサンス・ラリュー、トレヴァー・ワイ、レナーテ・グライス=アルミン、コンラート・クレムの各氏のマスタークラスを受講し研鑽を積む。また、フィエーゾレの音楽院にて室内楽をジュゼッペ・ガルバリーノ氏に師事。フルートの他に指揮をミラノ国際音楽アカデミーにてエミリオ・ポマリコ氏に師事。ソリストや首席奏者として、ミラノのポマリッジ・ムジカーリ管弦楽団、RAI国立交響楽団、ドニゼッティ・ベルガモ・フェスティバル管弦楽団、アカデミア・ビザンチナなどのイタリアの主要な団体と演奏を行う。


キアラ・スクチェス/使用楽器:14K+9K.GOLD

ミラノ・スカラ座アカデミー管弦楽団首席奏者
1992年生まれ、イタリア・シチリア州、ラグーザ出身。カターニャのヴィンチェンツォ・ベッリーニ音楽学校を最優秀の成績で卒業。エレーナ・ファヴァロン氏に師事。その後、カターニャにてサルヴァトーレ・ヴェラ氏に、モデナのヴェッキ=トネリ音楽院にてミケーレ・マラスコ、アンドレア・オリヴァの両氏に、ミラノのヴェルディ音楽院にてマルコ・ゾーニ、ジャンパオロ・プレットの両氏に師事し、さらなる研鑽を積む。


マルコ・ゾーニ/使用楽器:24K+9K.GOLD

ミラノ・スカラ座管弦楽団首席奏者
ブレッシア音楽院卒業。ブルーノ・カヴァッロ、マウロ・スカッピーニの両氏に師事。その後、ジュネーヴ音楽院にて、
グラウコ・カンブルサーノ、アンドレアス・ブラウ、ペーター=ルーカス・グラーフ、マクサンス・ラリューの各氏に師事し
首席で卒業。1991年~1998年まで、ミラノのポマリッジ・ムジカーリ管弦楽団の首席奏者を、1998年から現在に至るまでミラノ・スカラ座管弦楽団の首席奏者を務めている。


岡本 知也(ピアノ)

国立音楽大学附属高等学校、同大学卒業。同大学院修士課程修了。パリ地方音楽院卒業。
永田純子、平澤一博、安藤丘、三木香代、イヴ・アンリ、練木繁夫の各氏に師事。
第14回ブレストピアノ国際コンクール2009審査員満場一致の一等メダルを獲得。
第21回友愛ドイツ歌曲 (リート) コンクール優秀共演者賞、
第34回霧島国際音楽祭賞を受賞。
第3回秋吉台音楽コンクール室内楽部門(2重奏)では第3位に入賞。


  • L.ユーグ:ヴェルディの「仮面舞踏会」による協奏的大幻想曲 作品5(2Fl.Pf.)
    Luigi Hugues / Grande Concerto Fantasy on Themes from "Un Ballo in Maschera" by Verdi op.5
  • F.ブゾーニ:二重奏曲(2Fl.Pf.)
    Ferruccio Busoni / Duo
  • G.プッチーニ/七瀬あゆこ編曲:マダム・バタフライ奇想曲(2Fl.Pf.)
    Giacomo Puccini / Capriccio on "Madama Butterfly"
  • S.メルカダンテ:3つのセレナーデ(2Fl.A-Fl.)
    Saverio Mercadante / Three Serenades
  • G.ブリッチャルディ:四重奏曲 イ長調(4Fl.)
    Giulio Briccialdi / Quartet in A Major

※プログラムは変更になる場合がございます。

<展示ブースのご案内>
オーケストラ・スタジオ C101 にて、ムラマツフルートをお試しいただけます。

※コンサートは無料ですが、別途参加費が必要となります。
詳しくは「第18回日本フルートコンヴェンション2017 in 川崎」公式HP(http://japan-flutists.org/festival/flute-convention/)をご確認ください。

第18回日本フルートコンヴェンション2017 in 川崎
Muramatsu Flute Showcase
多彩なイタリアの音楽
2017.8/19 13:00~14:00
昭和音楽大学南校舎 A311

ドメニコ・アルファーノ
使用楽器:24K.GOLD

ボローニャ歌劇場管弦楽団首席奏者
イタリア・ナポリ出身。サンタ・チェチーリア音楽院を首席で卒業。ドメニコ・ファリエロ氏に師事。その後、カルロ・タンポーニ、パトリック・ガロワ、ブルーノ・カヴァッロの各氏のもとで研鑽を積む。これまでにRAI国立交響楽団、ナポリ・サン・カルロ劇場管弦楽団、ジェノヴァのカルロ・フェリーチェ歌劇場管弦楽団などのオーケストラで演奏。
現在、ボローニャ歌劇場管弦楽団で首席奏者を務めるほか、ソリストや室内楽奏者としての活動も積極的に行い、国内外でのマスタークラスの開催、ボローニャのメディチーナなどで、後進の指導にも力を注いでいる。


フラヴィオ・アルツィアティ
使用楽器:14K.All GOLD

カルロ・フェリーチェ歌劇場管弦楽団首席奏者
ミラノで学び、さらにウィリアム・ベネット、マクサンス・ラリューの各氏に師事、その後3年間ペーター=ルーカス・グラーフのもとで研鑽を積む。室内楽のコンテストでは多数の受賞歴があり、ミラノ・スカラ座管弦楽団、トリノ王立歌劇場管弦楽団、ミラノ・スカラ・フィルハーモニー、ローマ・オペラ座、ボローニャ歌劇場管弦楽団など、イタリアの主要な団体と共演している。2000年から現在に至るまで、ジェノヴァのカルロ・フェリーチェ歌劇場管弦楽団首席フルート奏者を務めている。


ジャンニ・ビオコティーノ
使用楽器:14K+9K.GOLD

グィード・カンテッリ音楽院教授
ミラノ音楽院卒業。グラウコ・カンブルサーノ氏に師事。その後、マクサンス・ラリュー、トレヴァー・ワイ、レナーテ・グライス=アルミン、コンラート・クレムの各氏のマスタークラスを受講し研鑽を積む。また、フィエーゾレの音楽院にて室内楽をジュゼッペ・ガルバリーノ氏に師事。フルートの他に指揮をミラノ国際音楽アカデミーにてエミリオ・ポマリコ氏に師事。ソリストや首席奏者として、ミラノのポマリッジ・ムジカーリ管弦楽団、RAI国立交響楽団、ドニゼッティ・ベルガモ・フェスティバル管弦楽団、アカデミア・ビザンチナなどのイタリアの主要な団体と演奏を行う。


キアラ・スクチェス
使用楽器:14K+9K.GOLD

ミラノ・スカラ座アカデミー管弦楽団首席奏者
1992年生まれ、イタリア・シチリア州、ラグーザ出身。カターニャのヴィンチェンツォ・ベッリーニ音楽学校を最優秀の成績で卒業。エレーナ・ファヴァロン氏に師事。その後、カターニャにてサルヴァトーレ・ヴェラ氏に、モデナのヴェッキ=トネリ音楽院にてミケーレ・マラスコ、アンドレア・オリヴァの両氏に、ミラノのヴェルディ音楽院にてマルコ・ゾーニ、ジャンパオロ・プレットの両氏に師事し、さらなる研鑽を積む。


マルコ・ゾーニ
使用楽器:24K+9K.GOLD

ミラノ・スカラ座管弦楽団首席奏者
ブレッシア音楽院卒業。ブルーノ・カヴァッロ、マウロ・スカッピーニの両氏に師事。その後、ジュネーヴ音楽院にて、
グラウコ・カンブルサーノ、アンドレアス・ブラウ、ペーター=ルーカス・グラーフ、マクサンス・ラリューの各氏に師事し
首席で卒業。1991年~1998年まで、ミラノのポマリッジ・ムジカーリ管弦楽団の首席奏者を、1998年から現在に至るまでミラノ・スカラ座管弦楽団の首席奏者を務めている。


岡本 知也(ピアノ)

国立音楽大学附属高等学校、同大学卒業。同大学院修士課程修了。パリ地方音楽院卒業。
永田純子、平澤一博、安藤丘、三木香代、イヴ・アンリ、練木繁夫の各氏に師事。
第14回ブレストピアノ国際コンクール2009審査員満場一致の一等メダルを獲得。
第21回友愛ドイツ歌曲 (リート) コンクール優秀共演者賞、
第34回霧島国際音楽祭賞を受賞。
第3回秋吉台音楽コンクール室内楽部門(2重奏)では第3位に入賞。


  • L.ユーグ:ヴェルディの「仮面舞踏会」による協奏的大幻想曲 作品5(2Fl.Pf.)
    Luigi Hugues / Grande Concerto Fantasy on Themes from "Un Ballo in Maschera" by Verdi op.5
  • F.ブゾーニ:二重奏曲(2Fl.Pf.)
    Ferruccio Busoni / Duo
  • G.プッチーニ/七瀬あゆこ編曲:マダム・バタフライ奇想曲(2Fl.Pf.)
    Giacomo Puccini / Capriccio on "Madama Butterfly"
  • S.メルカダンテ:3つのセレナーデ(2Fl.A-Fl.)
    Saverio Mercadante / Three Serenades
  • G.ブリッチャルディ:四重奏曲 イ長調(4Fl.)
    Giulio Briccialdi / Quartet in A Major

※プログラムは変更になる場合がございます。

<展示ブースのご案内>
オーケストラ・スタジオ C101 にて、ムラマツフルートをお試しいただけます。

※コンサートは無料ですが、別途参加費が必要となります。
詳しくは「第18回日本フルートコンヴェンション2017 in 川崎」公式HP(http://japan-flutists.org/festival/flute-convention/)をご確認ください。

ページトップ
Copyright(C)muramatsu inc. All Rights Reserved. 個人情報保護に関する基本方針 特定商取引に関する法律に基づく表示 サイトマップ 会社概要 お問い合せ
ページトップ
Copyright(C)muramatsu inc. All Rights Reserved.