ムラマツフルート
会社概要お問い合せマイページENGLISH & OTHERS
ムラマツフルート レッスン 楽譜 CD/DVD コンサート・ガイド
店舗案内 リペア メンバーズクラブ アクセサリー ムラマツ・ホール 新大阪
ムラマツ・フルート・レッスンセンター ムラマツ・フルート・レッスンセンター
MURAMATSU FLUTE LESSON CENTER
演奏・指導の両面とも経験豊富で実力者が揃った講師陣。どなたにでも安心のフルートレッスン。
飯島 諒 プロフィール
飯島 諒
いいじま  りょう

9歳の時にNHKの番組、趣味悠々フルート入門の初級クラスにレギュラー出演しフルートを始める。2006年甲府湯田高等学校 (現甲斐清和高等学校)音楽科卒業。2010年に桐朋学園大学管楽器専攻を首席で卒業し、同大学卒業演奏会、読売新人演奏会に出演。 その後パリに留学。パリ・エコール・ノルマル音楽院を審査員満場一致で卒業。2012年パリ・プロディージュ・アートコンクール第2位、イタリア・国際メンデルスゾーンコンクール第3位。第3回三田ユネスコフルートコンクール第2位。第8回仙台フルートコンクール第1位。これまでに、国内主要オーケストラ等で客演を務める。フルートを飯島和久、工藤重典、フィリップ・ベルノルド、クロード・ルフェーブルの諸氏に師事。フラウト・トラヴェルソを有田正広氏に師事。現在、長野市芸術館クラシックキャラバン登録アーティスト。フルートフェスティヴァルin 八ヶ岳 実行委員長。ムラマツ・フルート・レッスンセンター講師。





僕はパリに留学するにあたって、2つの目的がありました。
1つ目は当たり前のようですが、レッスンを受け、フランスの音楽に浸る事。毎週のレッスンで学んだ事は、僕のフルート人生の根底にあります。流れるフレーズ感、煌びやかな音色の変化はフランス音楽の特徴でもありますが、それを可能にするためには基礎の『音色』が非常に大事だという事を学びました。

昨今では、フランスの音楽家も頻繁に来日してコンサートやマスタークラスを行い、日本に居ながらでもフランスの音楽に触れられる様になりました。
ただ留学の醍醐味は、さらに彼らと同じ日常生活を経験できる事にあります。

それが僕の2つ目の目的で、「こんな素晴らしい演奏をするフランス人が普段どんな生活をし、どんな物を食べているのか」という事に、とても興味がありました。
そして、パリ中の色々な物を食べているうちにどうやって作っているのかが気になり、最終的にはフランス料理教室にも通い、フランス料理の基礎も学びました。
そこで気がついたのが、「料理」と「音楽」は共通点が有る、という事です。

食材=音
レシピ=曲
料理人=演奏者

必ず料理を食す人が居て、演奏を聴く人がいる。

つまり、良い料理(音楽)を作るには良い食材(音)が欠かせないと言う事です。

一般的にはフルートは音が出しにくい楽器だと言われています。フルートを習いたての時はもちろんですが、かなり吹けるようになってからも低音や高音で苦労をした事はありませんか?
そんなあなたに僕のレッスンでは『とっておきの方法』で、今まで出しにくかった音域も「力まず」「楽に」吹けるようになると思いますよ。
「楽(らく)に」という事はテキトーに吹くという事ではありません。無駄な力を抜き、必要な力を良いバランスで使うという事です。楽(らく)に音が出せる様になると、楽(たの)しく音楽が作れるのです。そして、その次のステップのフレーズ作りにも取り組みやすくなります。
さらに、音を出す事だけにエネルギーを集中する必要が無くなるので、指も早く動かせるようになります。
今まで吹けなかった憧れの曲にも挑戦していきましょう。

体験個人レッスン
ムラマツEXモデルを1ヶ月間 無償でお貸し致します
大人のためのグループレッスン
気軽に始められるグループレッスン
マスタークラスレッスン
音楽大学を卒業した方、音楽大学を受験する方
指導者講習
フルート指導者になるための実践集中講座

ページトップ
Copyright(C)muramatsu inc. All Rights Reserved. 個人情報保護に関する基本方針 特定商取引に関する法律に基づく表示 サイトマップ 会社概要 お問い合せ