ムラマツフルート
会社概要お問い合せマイページENGLISH & OTHERS
ムラマツフルート レッスン 楽譜 CD/DVD コンサート・ガイド
店舗案内 リペア メンバーズクラブ アクセサリー ムラマツ・ホール
楽譜検索 楽譜検索
MURAMATSU FLUTE MUSIC SEARCH
楽譜検索コーナーへようこそ。あなたの探している楽譜が、きっとみつかります。
オンラインショップTOPスタッフのおすすめ楽譜輸入版新着楽譜日本版新着楽譜ムラマツ・オリジナル楽譜特撰コーナー
トップページ楽譜検索 > REQUIEM ご利用ガイド 買物カゴを見る メンバー割引
楽譜・詳細情報 MUSIC INFORMATION
戻る
REQUIEM
\2,490
(税込)
福島和夫/Fukushima, Kazuo
REQUIEM
レクイエム
楽譜ID : 9873
編成分類 フルート・ソロ
楽器編成 Fl
作曲家時代 近・現代
作曲家生国 Japan
難易度 C    難易度設定基準
出版社 ZERBONI
出版No. BI50015
在庫状況
在庫状況の目安 ・・・ ○:在庫あり/△:在庫わずか/×:在庫なし
村松楽器各店でも販売しているため、○/△の商品でもご注文いただいた時点で在庫切れになっている場合がございます。
×の商品でも近く入荷予定、またはお取り寄せできるものもございますので、お待ちいただける場合はご注文ください。
なお、出版社の都合により、表紙デザインが変更になる場合や、為替の変動等により、予告なく価格を変更する場合がございます。
また、ウェブ上での表示価格は、オンラインショッピングをご利用の際の価格で、村松楽器各店舗でお求めの際や、電話、ファックス等でのご注文の際には異なる価格となる場合がございます。
<解説>
現代日本の代表的な作曲家のひとり、福島和夫は、独学で作曲を学び、特にフルートのための名作を多く書き続けてきました。その一連のフルート作品の流れの最初に書かれたのが「レクイエム(鎮魂歌)」です。  この曲は、9人の室内アンサンブルによる舞台作品〈オルフェ〉のプロローグとして1956年に作曲され、1959年に初演されました。単独に1曲の作品としては、1963年、ガッゼローニによってストックホルムで初演され、1965年、ツェルボーニ社より出版されました。  「レクイエム」は12音技法に基づいて作曲され、音列が形を変えて全7回出現します。シンプルなつくりですが、拍節を超えて変容する時間のとらえ方に、既にその後の創作の萌芽を見てとることができます。 〈作曲者のことば〉  1960年代の前半までの私の仕事は、ほとんどは「鎮魂歌」だといってもいい。戦乱のなかに少年期をもったことは、やはり重大なことだったと、いまにして思う。  鎮魂の二つの面、即ち“たま写り”と“たましずめ”の(うち)、私の鎮魂歌は後者の性格が強いというのも、そのことと関係があってのことであろう。


注文ボタンのない商品につきましては、右上の「お問い合わせ」よりお願いします。

ページトップ
Copyright(C)muramatsu inc. All Rights Reserved. 個人情報保護に関する基本方針 特定商取引に関する法律に基づく表示 サイトマップ 会社概要 お問い合せ