ムラマツフルート
会社概要お問い合せマイページENGLISH
ムラマツフルート レッスン 楽譜 CD/DVD コンサート・ガイド
店舗案内 メンテナンス メンバーズクラブ アクセサリー ムラマツ・ホール 新大阪
ムラマツ・フルートからのお知らせ お知らせ
MURAMATSU FLUTE NEWS
ムラマツ・フルートからあなたへ、最新の情報をお届けいたします。
トップページ > ムラマツホール コンサートシリーズ
ムラマツホール コンサートシリーズのお知らせ MURAMATSU HALL CONCERT SERIES
第35回 レパートリー+α(PLUS ALPHA)コンサート
三上明子セレクション vol.7

 
季刊「ムラマツ」の<プラス アルファ>でご紹介した中から
未来のレパートリーとなる、知られざる佳曲をご披露していきます。

【開演日時】 2017年6月11日(日) 開演 15時/開場 14時30分
【チケット料金】 2,000円 全自由席 
【演奏者】
<フルート>
 三上明子
<ピアノ>
 大堀晴津子

【プログラム】
ハーティー ◆
アイルランドにて

ドホナーニ ◆
アリア

マルタン ◆
第2バラード

デュレ ◆
ソナチネ 作品25

オネゲル ◆
ロマンス

バーネット ◆
グランド・ソナタ 作品41

プログラムの聴きどころ
三上明子

今回は、20世紀に作曲された様々な味わいの作品とロマン派のバーネットの作品を取り上げます。
「アイルランドにて」は、夕暮れ時のダブリンの街角で、さすらい楽師が奏でる音楽をファンタジーに仕立てた作品。ブラームスの流れを受け継ぐドホナーニの最晩年の作品「アリア」では、夢の世界が描かれているかのようです。マルタンの「第2バラード」は、もともとサックスのための作品。理詰めと抒情のバランスを感じさせる作風は、フルートのためのバラードと共通したものがあります。
デュレの「ソナチネ」とオネゲルの「ロマンス」は、フランス6人組の作品の中でも、佳曲でありながら取り上げられることが少ない作品。19世紀イギリスの作曲家バーネットの「グランド・ソナタ」は、ロマン派のソナタとして忘れられない存在です。

【主催・チケットお問い合せ】
村松楽器販売株式会社 03-3367-6000
※ご好評に付き完売いたしました
ページトップ
Copyright(C)muramatsu inc. All Rights Reserved. 個人情報保護に関する基本方針 特定商取引に関する法律に基づく表示 サイトマップ 会社概要 お問い合せ