注文ボタンがない場合はお問い合わせください。

楽譜・詳細情報

  • 商品ID:12405
    CANTUS AVIUM

    ¥2,365(税込)

    在庫状況:

    〈在庫状況の目安〉
    ○:在庫あり/△:在庫わずか/×:在庫なし

  • 商品ID:12405
    ホフマン、ウォルフガング/Hofmann, Wolfgang
    CANTUS AVIUM
    カントゥス・アヴィウム(鳥の歌)

    • 編成分類
    • フルート4重奏
    • 楽器編成
    • 4Fl//Pic.2Fl.A-fl 編成表記の凡例
    • 作曲家時代
    • 近・現代
    • 作曲家生国
    • Germany
    • 難易度
    • BC 難易度設定基準
    • 出版社
    • ZIMMERMANN
    • 出版No.
    • 24910

¥2,365(税込)

在庫状況:

〈在庫状況の目安〉
○:在庫あり/△:在庫わずか/×:在庫なし

村松楽器各店でも販売しているため、○/△の商品でもご注文いただいた時点で在庫切れになっている場合がございます。
×の商品でも近く入荷予定、またはお取り寄せできるものもございますので、お待ちいただける場合はご注文ください。
なお、出版社の都合により、表紙デザインが変更になる場合や、為替の変動等により、予告なく価格を変更する場合がございます。
また、ウェブ上での表示価格は、オンラインショッピングをご利用の際の価格で、村松楽器各店舗でお求めの際や、電話、ファックス等でのご注文の際には異なる価格となる場合がございます。

商品について

収録CDはこちら

解説

W.ホフマン (1922- ) はカールスルーエ生まれで、ライプツィヒで学んだドイツのヴァイオリニスト兼作曲家です。彼の作品は多岐にわたり、その数は200曲にのぼります。標題の 『カントゥス・アヴィウム (CANTUS AVIUM) 』 とはラテン語の、【Cantus】 「歌曲、音楽」 或いは 「鳥の鳴き声 」の意、と【avis】 「鳥」 の意から成り 『鳥の歌』 と解釈しました。曲の冒頭から終わりまで、森の小鳥たちが木立のあちらこちらで、さえずり歌い合う様子を情景描写した作品です。鳥の鳴き声は種々の装飾音 (トリル、モルデント、短前打) 或はグリッサンド、フラッター、トレモロetc.で表現されています。それに応答するカッコーの鳴き声 (3、4、5度音程の動機) が印象的です。また羽ばたき、飛び交う、飛翔する様子は音階を効果的に用いて表現されています。言い換えれば、この曲は鳥の囀り、鳴き声のカタログ・詩曲であり、それは特殊楽器 (Picc. AltoFl) を含む4人のフルート奏者が、囀り、奏で合う最上級者用の四重奏曲 『鳥の詩 (歌) 』 です。名曲E.ボザの 『夏山の一日』 の曲中の 「鳥の歌」 にも負けず、よくさえずります。 (解説/佐野悦郎)


注文ボタンのない商品につきましては、右上の「お問い合わせ」よりお願いします。