ムラマツ・オンラインショップ
会社概要お問い合せマイページ
ムラマツフルート レッスン 楽譜 CD/DVD コンサート・ガイド
店舗案内 リペア メンバーズクラブ アクセサリー ムラマツ・ホール
楽譜検索 楽譜検索
MURAMATSU FLUTE MUSIC SEARCH
楽譜検索コーナーへようこそ。あなたの探している楽譜が、きっとみつかります。
オンラインショップTOPスタッフのおすすめ楽譜輸入版新着楽譜日本版新着楽譜ムラマツ・オリジナル楽譜特撰コーナー
トップページ > 楽譜 > スタッフのおすすめ ご利用ガイド 買物カゴを見る メンバー割引
スタッフのおすすめ楽譜 STAFF'S RECOMMENDATION
30000点以上もある中から、様々な目的に応じた楽譜を見つけるのは大変なことです。
このコーナーでは、ムラマツのスタッフが、長年の経験から「これは!」と思う楽譜をご紹介します。
プッチーニ好きにおすすめです(Fl.Pf)
BOHEME FANTASY (FROM OPERA ”LA BOHEME” BY PUCCINI)
楽譜ID : 36573
フランツ、ユルゲン / Franz, Jurgen
ボエーム・ファンタジー (プッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」による)
BOHEME FANTASY (FROM OPERA ”LA BOHEME” BY PUCCINI)
詳細情報はこちら
オペラの中で歌われるアリアなどをフルートで歌い上げる作品は、今までもたくさん作曲されてきました。今回ご紹介するのは、プッチーニの四幕のオペラ「ラ・ボエーム」の中の美しいアリアを繋ぎ合わせた華麗なファンタジーです。
チャールズ・ゴッドフリーによるピアノ曲をもとに、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団のフルート&ピッコロ奏者、ユルゲン・フランツさんがフルート用にアレンジしました。
使用曲目は、第一幕:ロドルフォ「Che gelida manina(冷たき手を)」/ショナール「Legna! Sigari! Bordò!(薪だ!葉巻だ!ボルドー酒だ!)」/第四幕:ロドルフォとマルチェッロ「O Mimì, tu più non torni(ああミミ、君はもう戻ってこない)」/第四幕:ロドルフォとミミ「Sono andati?(みんな行ってしまったのね)」/第四幕:ロドルフォ、マルチェッロ、ショナール、コッリーネの4人が舞踏会だ、と踊って(ふざけて?)いる場面/第二幕:ムゼッタ「Quando me'n vo soletta per la via(私が街を歩けば)」(ムゼッタのワルツ)/第二幕:最後の軍楽隊の行進曲、です。(最後の行進曲はピッコロに持ち替えてもOK)
「ラ・ボエーム」はプッチーニのオペラの中でも人気の高い作品です。内容も分かりやすく、登場人物それぞれにモチーフがあり、どのアリアも美しく素敵です。是非オペラをご覧になって、それぞれの登場人物に思いを馳せながら演奏してください。
※フルートのレパートリーにオペラのファンタジーが多い背景については、以前のスタッフのおすすめ楽譜、楽譜ID:26347ボルヌ/「アフリカの女」による華麗なファンタジー の紹介文をご覧ください。
【中・上級者向け】 約12分30秒 (B)
フランクやサン=サーンスに愛された女性作曲家のフルート作品(Fl.Pf)
TROIS PETITES PIECES
楽譜ID : 33353
オルメス,オーギュスタ・マリー・アン / Holmes, Augusta Mary Anne
3つの小品
TROIS PETITES PIECES
詳細情報はこちら
オーギュスタ・オルメス(1877-1903)は、19世紀後半に活躍したフランスの女性作曲家です。裕福な家に生まれて音楽や文芸の才能を表し、セザール・フランクに作曲を学び、1889年にはパリ万博のためカンタータ「勝利の頌歌」を書き成功を収めました。その才覚と美貌で同時代の芸術家に称賛され、師フランクや、サン=サーンスから恋心を寄せられていたという逸話も残されています。近年録音等で取り上げられることも増え、再評価の機運が高まっているようです。
「3つの小品」は、舞台音楽や声楽曲を中心に作曲した彼女が残した唯一のフルートとピアノのための作品です。作曲家として成功を収めた後の1896年に書かれ、各2分程度の短い3曲で構成されています。フルートの流麗さや軽やかさといった魅力が引き出された、美しい作品です。
第1曲「Chanson 歌」ゆったりと流れるような旋律が歌われ、度々現れる臨時記号の音程感に独特の異国情緒を感じます。
第2曲「Clair de Lune 月の光」半音階で下行するピアノの伴奏に、シンプルながら神秘的なフルートの旋律が流れていきます。音を並べるのは簡単ですが、曲として完成させるには表現力が求められそうです。
第3曲「Gigue ジーグ」は付点音符のリズムの軽快な舞曲で、ピアノとの掛け合いを経て、勢いよく曲が閉じられます。
フランス近代の新しいレパートリーをお探しの方や、女性作曲家の感性に触れてみたい方、是非演奏されてみてはいかがでしょうか。全曲演奏しても7分程度ですので、発表会用等で難しすぎず綺麗な作品をお探しの方にもおすすめできます。
【中級者向け】演奏時間:約7分 (M)
イギリスの人気作曲家 ヒースの1曲!(Fl.Pf)
HOME FROM THE STORM
楽譜ID : 36022
ヒース、デイヴィッド / Heath, David
嵐からの帰還
HOME FROM THE STORM
詳細情報はこちら
デイヴィッド・ヒース(1956-)はイギリス、マンチェスター生まれの作曲家、フルーティストです。ロンドンのギルドホール音楽演劇学校でフルートをウィリアム・ベネットとエドワード・ベケットに師事し、ジャズ・フルーティストとして活動しました。その後、仲間の勧めで作曲を始め、フルート作品、器楽作品、コンチェルトなどを作曲するようになり、ジェームズ・ゴールウェイのためにも作品を残しています。ヒースの音楽は、クラッシック音楽にジャズやロック、民族音楽の要素をプラスした独自のスタイルで、世界中で愛されています。
『Home from the Storm(嵐からの帰還)』は冒険家のポール・ヴァンダー・モレンに捧げられています。全体的にどこか懐かしく雄大な自然を感じさせます。途中からタイトルにもある「嵐」のような上行・下行の音形も見られます。師であるベネットのためにオーケストラ編成でもつくられており、そちらはヒースのYouTubeチャンネルで聴くことができます。
自然の雰囲気を感じながら伸び伸びと演奏してください。
【中・上級者向け】演奏時間:約5分 (U)
情熱の国スペインの音楽(Fl.Guit)
DANSES ESPAGNOLES, 4(VILLANESCA) & 5(ANDALUZA)
楽譜ID : 21331
グラナドス、エンリケ / Granados, Enrique
スペイン舞曲 第4番「ヴィラネスカ」&第5番「アンダルーサ」
DANSES ESPAGNOLES, 4(VILLANESCA) & 5(ANDALUZA)
詳細情報はこちら
「スペイン音楽」ときいて、何を思い浮かべますか?
北西部ガリシア地方のティン・ホイッスルやバグパイプを使った懐かしさや陽気さを感じるケルト音楽から、南はアンダルシア地方の情熱的なフラメンコ音楽まで、スペイン音楽のルーツを辿ると民族的なアイデンティティが見え、中々興味深いものです。
今回はスペインの代表的な音楽家の1人、エンリケ・グラナドス(1867-1916)の作品をご紹介します。カタルーニャ地方で生まれたグラナドスは、マドリードにあるリセウ高等音楽院を卒業したのちに、作曲家兼ピアニストとしてデビューしました。 グラナドスの最も有名な作品である、ピアノのための「スペイン舞曲集」は、12の曲から成る小品です。その中から、第4番《ヴィラネスカ》と第5番《アンダルーサ》の2曲が抜粋されて、フルートとギターの編成で演奏できます。
《ヴィラネスカ》スペイン語で「村娘」とも訳され、2/4拍子で進むギターの低音と繰り返し続くフルートのフレーズが、素朴でのんびりとした心地よさを感じさせます。
《アンダルーサ》この作品の中で、とりわけ演奏機会の多い曲です。スペイン音楽の特徴でもある裏拍に重心をおくことで、エキゾチックな雰囲気がより引き立ちます。
演奏会ではもちろん、気軽にアンサンブルされたい方や、気分が高まった時!など、さまざまなシーンで楽しんでいただける作品です。
【中級者向け】演奏時間:第4番 約6分20秒 / 第5番 約4分15秒 (A.K.)
秘めた輝きをフルートで(Fl.Pf)
隠れた名曲をフルートで 「人魚の涙」曲集 第1巻
楽譜ID : 36344
曲集 / Album

隠れた名曲をフルートで 「人魚の涙」曲集 第1巻
詳細情報はこちら
タイトル「人魚の涙」は宝石の「真珠」のことで、磨かずとも美しく輝く真珠のように、得難い美しさを秘めている作品を例えています。収録作品は、ピアノ作品やヴァイオリンのための作品を中心に取り上げており、これまでの曲集に収録されていない曲が多数あるため、新しいレパートリーをお探しの方におすすめです。どの作品も耳馴染みのいいメロディと美しく抒情的なフレーズが印象的で、アンコールや発表会、練習の合間など様々な場面で演奏できそうです。
編曲・編集は、インターナショナル・フリードリヒ・クーラウ協会会長の石原利矩氏です。石原氏がフルート以外の知られざる曲に巡り合い、フルートで吹いたらどんな音楽になるだろう、と思うたびにそれらの曲を編曲し、発表会や講習で活用されてきました。 この曲集のもう一つの特徴は、各巻に、クーラウの作品が収録されていること。また、第1巻から第6巻に分散して、「ルル組曲」が掲載されることです。現在、第3巻まで出版され、第4巻以降の出版も待たれます。巻頭には、石原氏による解説付き、演奏の音源もYouTubeチャンネルで紹介されています。
【中級者向け】 (TO)
フルート・ピアノ/Fl アンサンブル/フルートと他楽器/Flソロ、エチュード/書籍、その他/
ページトップ
Copyright(C)muramatsu inc. All Rights Reserved. 個人情報保護に関する基本方針 特定商取引に関する法律に基づく表示 会社概要 お問い合わせ