ムラマツ・オンラインショップ
会社概要お問い合せマイページ
ムラマツフルート レッスン 楽譜 CD/DVD コンサート・ガイド
店舗案内 リペア メンバーズクラブ アクセサリー ムラマツ・ホール
楽譜検索 楽譜検索
MURAMATSU FLUTE MUSIC SEARCH
楽譜検索コーナーへようこそ。あなたの探している楽譜が、きっとみつかります。
オンラインショップTOPスタッフのおすすめ楽譜輸入版新着楽譜日本版新着楽譜ムラマツ・オリジナル楽譜特撰コーナー
トップページ > 楽譜 > スタッフのおすすめ > 書籍、その他 ご利用ガイド 買物カゴを見る メンバー割引
スタッフのおすすめ「フルートソロ、エチュード」 STAFF'S RECOMMENDATION
このコーナーでは、ムラマツのスタッフが、長年の経験から「これは!」と思う楽譜を、その目的や内容の解説付きでご紹介します。
定期的にご紹介する楽譜を更新して行きますので、皆様の目的に応じた「使える」楽譜が見つかることと思います。
刊行が待たれていた、後期バロック音楽の必読書(Book)
CHARLES BURNEY’S MUSICAL TOUR IN GERMANY 1772 (TRANSLATION:KOMIYA MASAKAZU)
楽譜ID : 35923
バーニー、チャールズ / Burney, Charles
チャールズ・バーニー音楽見聞録<ドイツ篇>(訳:小宮正安)
CHARLES BURNEY’S MUSICAL TOUR IN GERMANY 1772 (TRANSLATION:KOMIYA MASAKAZU)
詳細情報はこちら
チャールズ・バーニー(1726〜1814)という人物をご存知ですか。イギリス人でオルガン奏者、音楽学者、とされていますが、彼を有名にしたのは2回のヨーロッパ旅行での体験を日記のようにして出版した『音楽見聞録』です。この本は後期バロックから前古典派・ロココ時代の音楽について書かれた書籍やCD解説などに数多く引用されてきました。例えば、C.P.E.バッハが鍵盤楽器を演奏する様子を、その場で見てきたかのようなライヴ感にあふれた筆致で描いた文章はよく引用されますが、これも、まさにその場でバーニーが見たことを記していたのです。長年、書名だけはよく知られていたのに、日本語の訳本が出ていなかったためにその全貌を知ることが出来なかった本です。ようやくその本が和訳され出版されました。
今回刊行されたのは<ドイツ篇>。1772年7月、フランスのサントメールを起点にしてベルギーからマンハイム、ミュンヘンを経由してウィーンへ。そこからボヘミア、ザクセンを経由してベルリン、ポツダム、そしてハンブルクから10月末にオランダを回って旅を終える約4か月の旅です。現代であってもかなり大変な行程だったと思われますが、その内容がいかに充実していたかはこの本を読むことで分かります。
また、巻末に付けられた原注、ドイツ語翻訳版の訳注、そしてドイツ語版に付けられた補遺も重要な情報源であると同時に、当時のイギリス人とドイツ人の見方の違いまでわかる興味深いものです。
今後、この時代の音楽を学びたい人の必読書になることでしょう。1770年に行ったイタリア、フランスの旅を書いた<フランス・イタリア編>と合わせてお読みください。
(SR)
またまたバーニー<フランス・イタリア篇> (Book)
CHARLES BURNEY’S MUSICAL TOUR IN FRANCE AND ITALY 1770 (TRANSLATION:IMAI TAMIKO & MORITA YOSHIYUKI)
楽譜ID : 36016
バーニー、チャールズ / Burney, Charles
チャールズ・バーニー音楽見聞録<フランス・イタリア篇>(訳:今井民子/森田義之)
CHARLES BURNEY’S MUSICAL TOUR IN FRANCE AND ITALY 1770 (TRANSLATION:IMAI TAMIKO & MORITA YOSHIYUKI)
詳細情報はこちら
前回、“後期バロック音楽の必読書”として「チャールズ・バーニー/音楽見聞録<ドイツ篇>」をご紹介しました。実は、正確に言うとこの本が書かれたのはいわゆるバロック時代ではありません。バーニーがドイツ旅行をした1772年はJ.S.バッハが亡くなって22年、ヘンデルが亡くなって13年、長生きだったテレマンも5年前の1767年に亡くなり、それに先立つ1764年、父親に連れられた8歳のW.A.モーツァルトがロンドンで人気を博した時代です。音楽の上ではバロックから古典派に移る、そしてベルリン楽派、前古典派等々、様々な形が現れた動きの多い時代でした。そんな中で、バーニーはドイツ旅行の2年前、1770年6月から同年12月まで、半年をかけてフランス、イタリアを巡っています。
大のイタリア音楽好きだったバーニーの目的地はイタリアですが、その道程で通ったフランスも含めて様々な音楽家や科学者、政治家等々と会い、音楽だけでなく、その土地や旅程、町の様子や名所、文化財などまで書き残しています。<ドイツ篇>も合わせて、この本の面白いところは、この時代を生きたバーニーが音楽だけに止まらず正にその目と耳で見聞した様々な事柄を詳しく書いているところです。作曲家や演奏家の人柄や立ち居振る舞い、その周辺の人々など音楽を演奏する立場からも見逃せない記録であり、さらにその土地の雰囲気や町から町までの馬車旅行の様子など、その社会を知るのに貴重な当時の旅行案内にもなっています。<フランス・イタリア篇>でも多大な情報源となる巻末の詳細な註と共に、<ドイツ篇>(楽譜ID:35923)と合わせて是非お読みください。
(SR)
アーノンクール・ニコラウス「古楽とは何か」(Book)
古楽とは何か〜言語としての音楽〜(翻訳:樋口隆一・許光俊)
楽譜ID : 32746
アーノンクール、ニコラウス / Harnoncourt, Nikolaus

古楽とは何か〜言語としての音楽〜(翻訳:樋口隆一・許光俊)
詳細情報はこちら
2016年3月5日にニコラウス・アーノンクールが亡くなりました。指揮者として“マエストロ”と呼ばれ、昨年末まで古楽の世界だけでなく大活躍したので、フルートの世界でもご存じの方は多いと思います。1952年にチェロ奏者としてウィーン交響楽団に入団し、団員と語らってピリオド楽器によるアンサンブル「ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス」を創立。以後オーケストラでの活動のほか、チェロ奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、コンツェントゥス・ムジクスのリーダーとして活躍し、アムステルダムのレオンハルト、ウィーンのアーノンクールとして人気を2分してきました。アーノンクールが“マエストロ”と呼ばれるようになったのは音楽活動の主体を指揮に移し、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルといった現代の楽器を使ったオーケストラも指揮するようになってからです。ピリオド楽器やピリオド奏法の経験を、現代の楽器や奏法にも生かし、アーノンクールの個性や考え方に裏打ちされた演奏は、賛否はありましたが、現代の楽器を演奏する数多くの音楽家たちにも大きな影響を与えました。しかし方法論というものは時が経つにつれて形骸化してしまい、表面的な真似事になってしまいがちです。「ノンヴィブラート、強いアクセント、短いアーティキュレーションがピリオド奏法だ」と言い切ってしまうのは論外としても。今ここでその原典に立ち返って根本を見直す時期ではないでしょうか。
「古楽とは何か –言葉としての音楽」(音楽之友社)は1982年に出版され1997年に翻訳された本で、アーノンクールが1954年以降に書きためてきた論文などをまとめたものです。「音楽と解釈への基本的考察」「楽器と言葉」「ヨーロッパのバロック音楽とモーツァルト」の3章に分けられた本書は、音楽の捉え方、考え方とその問題点、楽器と表現そしてアーノンクールの主張の中核をなす音楽に“話す”という表現を獲得すること、そして具体的なそれぞれの音楽に関する問題を論じた、刺激的で触発される内容です。ここに書かれていることはアーノンクールの主張ですし、全てではありませんが、半世紀以上も前からこのようなことを考え、実践をもって現代の音楽演奏に大きな影響を与えてきたことを考えれば、これから音楽を実践する人にとっての必読書のひとつと言ってもいいと思います。
この本を読んで興味を持たれた方は、さらに具体的な内容まで踏み込んだアーノンクール著の「音楽は対話である」(アカデミア・ミュージック)(商品ID:32833)を、またアーノンクールやウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの活動はどんなものだったかを知りたくなった方には、モーニカ・メルトルが行ったアーノンクールへの取材をもとに書いた文章と、アンサンブル・ウィーン・ベルリンのファゴット奏者であっただけでなく、コンツェントゥス・ムジクスでのバロック・ファゴットの名手でもあったミラン・トゥルコヴィッチの文章で構成された「アーノンクールとコンツェントゥス・ムジクス –世界一風変わりなウィーン人たち」(アルファベータ)を読んでみることをお薦めします。そしてもちろん数多く残されたアーノンクールの演奏を聴いてみることも。
(SR)
バッハ四兄弟(Book)
バッハの四兄弟(オルフェ・ライブラリー)
楽譜ID : 32261
久保田慶一 / Kubota, Keiichi

バッハの四兄弟(オルフェ・ライブラリー)
詳細情報はこちら
18世紀に「バッハ」といえば、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのことではなく、次男のカール・フィリップ・エマヌエル・バッハのことだったといいます。その後、ブラームスやシュピッタらの活動があり、バッハ全集の楽譜も刊行され、現代ではバッハといえばヨハン・ゼバスティアン。一時、息子たちのことは忘れられていました。
しかし、最近ではバロックから古典派の音楽への架け橋となった「前古典派」「多感様式」「音楽における疾風怒濤」などがクローズ・アップされると共に、その時代の中心的存在だったバッハの息子達の音楽に再び目がむけられるようになってきました。その楽譜を見、聴いてみると彼らの音楽は、それまでの時代とは異なった独創性を持ち、場合によっては時代を飛び越えたような近代性を感じさせる作品まであります。
著者の久保田慶一氏は長年、バッハの息子たち、特にカール・フィリップ・エマヌエルの研究を続けて来られた方です。名著「バッハの息子たち」の執筆から30年近く経った今、世界の最新の研究の成果を盛り込み、具体的な音楽の実例を引きながら、読みやすくまとめられたのが、この「バッハの四兄弟」です。
バロックから古典派へはフルート音楽の黄金期でもあり、数多くのフルート作品が残っています。それらの作品を演奏するときに、一度は目を通したい必読書としてお薦めします。(SR)
フルートをもっと好きになるために (Book)
もっと音楽が好きになる こころのトレーニング
楽譜ID : 33898
大場ゆかり / Ooba, Yukari

もっと音楽が好きになる こころのトレーニング
詳細情報はこちら
本番で緊張してしまって上手く吹けない…。ステージ上で頭が真っ白…。本番が憂鬱…。 このような経験はありませんか?
本番で実力を発揮するためには、演奏技術だけではなく心理面でも練習の積み重ねが必要です。
今回ご紹介する「もっと音楽が好きになるこころのトレーニング」では、練習方法を《しくみ解説編》《5つの基本スキル編》《実践編》の3つの構成で、図や表を交えながら初心者にもわかりやすく解説されています。イメージトレーニングの方法や緊張や注意力のコントロールの仕方、更に本番後の成功と失敗の考え方まで、普段なかなか学ぶことのできない重要な項目が満載です。
A5サイズのコンパクトな本なのでお守り代わりに持ち歩いていつでも見返せるのも魅力の一つです。本番を楽しいものとするために、そしてフルートをもっと好きになるためにぜひ活用してみてください。
(HS)
新しくなったクヴァンツのフルート奏法(Book)
VERSUCH EINER ANWEISUNG DIE FLOTE TRAVERSIERE ZU SPIELEN
楽譜ID : 33507
クヴァンツ、ヨハン・ヨアヒム / Quantz, Johann Joachim
フルート奏法[改訂版](訳:荒川恒子)
VERSUCH EINER ANWEISUNG DIE FLOTE TRAVERSIERE ZU SPIELEN
詳細情報はこちら
バロック音楽の演奏法を勉強しようというときに必ず引き合いに出されるのがJ.J.クヴァンツの「フルート奏法」です。バロック時代の末頃にドイツで活躍したクヴァンツはフルートの名手であり、作曲家であり、当時のドイツの名君でフルートの名手でもあったフリードリヒ大王のフルートの先生でもありました。大王の先生ですから、当然給料も破格で、同じ宮廷で楽師を務めていたC.P.E.バッハの7倍近くもらっていたこともあるようで、これではエマヌエルも怒る(!?)かもしれません。
そんなクヴァンツが1752年に著した「フルート奏法(試論)」が、昔から名著と言われバロック音楽を勉強する必携書とされてきたのは、単にフルートの演奏法を語っただけの本ではないからです。クヴァンツはまず“良い音楽家になるための心得”を序章で述べています。そして第1章から第10章まででフルートの楽器のことや演奏法のことを述べた後、第11章は“良い歌唱法、良い器楽演奏全般”、第12章の“アレグロの奏法”、以下“装飾法”“アダージョの奏法”等々が語られ、その後に多くの紙数を使って、“伴奏者の義務”、“音楽家と音楽作品論”と続きます。これらの中には弦楽器奏者や鍵盤楽器奏者への記述も多く、当時の様々な演奏上のあり方や問題点が語られています。つまりこの本は「フルート奏法」とされてはいますが、その対象は弦楽器奏者や鍵盤楽器奏者にまで及び、あらゆる楽器に携わる人への啓発書にもなっているのです。この本は、後期バロック時代のベルリン周辺のドイツ音楽を知る上で大変貴重な資料と言うことができます。
さらに、この改訂版の特長は、本文について旧版の誤訳の修正や読みやすい和訳への変更にとどまらず、新たに訳者による「クヴァンツを巡る音楽環境について」と題する、当時のクヴァンツの周辺を語った70ページあまりの解説が付いていることです。この解説はこの本を読むためだけでなく、この時代の音楽状況を知る上で大変有益なものになっています。
ドイツ後期バロック時代の音楽がお好きなあなた!たとえ旧版をお持ちであっても、さらに得るところの大きい本書を是非手にとって読んでみて下さい。このように書いている筆者も買い直したひとりで、買い直したことに大変満足しています。
(SR)
言葉の本来の意味を知ることで作曲家の意図する音楽がよりわかるかも!?(Book)
イタリアの日常会話から学ぶ これで納得!よくわかる音楽用語のはなし
楽譜ID : 26670
関 孝弘 / マリアンジェラ、ラーゴ / Seki, Takahiro / Mariangela, Rago

イタリアの日常会話から学ぶ これで納得!よくわかる音楽用語のはなし
詳細情報はこちら
音楽用語はイタリア語が多いですが、イタリアの日常では実際にはどのように使われているのか気になられたことはございませんか?例えば、音楽用語では“快速に、急速に、活発に”を意味する“Allegro”ですが、イタリア人は“陽気に、楽しい、明るい”といった意味で使用する言葉とのこと。えっ?速く!という意味ではないの?と思ってしまいますが、なるほど!!ウキウキ!ワクワク!とした気持ちが自然と音楽の速度を速くさせる!そのようなイメージから“快速に”という意味につながると考えると理解できます。
また、音楽用語では“生き生きと、活気をもって、元気に”という意味でほぼ同義語として扱われている“Animato”、“Con anima”の違いや、“Pesante(重々しく)”、“Grave(荘重に、重々しく)”は似ているような意味ですが、では実際にはどちらの方が重いのか?など、他にも興味深い内容がいっぱい!語源であるラテン語の意味やコラムにはイタリアの歴史的な背景も載っているので楽しみながらイタリア語が学べます。言葉の本来の意味を理解すると、譜読みもさらに楽しく、表現の幅も広がるかも!?
イタリア人の感覚、味わってみませんか?プレゼントにもおすすめです。
(NS)
フルートの神様 マルセル・モイーズの想い出(Book)
MY TEACHER, REMEMBERING MARCEL MOYSE (ENGLISH)
楽譜ID : 29092
フリース、スーザン / Fries, Susan
我が師、マルセル・モイーズの思い出 (英語)
MY TEACHER, REMEMBERING MARCEL MOYSE (ENGLISH)
詳細情報はこちら
「ソノリテについて」をはじめ多くの教本を著し、「フルートの神様」と呼ばれるマルセル・モイーズですが、1984年に亡くなってからもう25年以上がたち、若いフルーティストには実際どんな人だったのか、ご存じない方が多いことでしょう。 この本は、モイーズの弟子であった著者が師の思い出を綴ったもので、写真も多く掲載され、人柄がしのばれる数々のプライベートのエピソードはもちろん、レッスンの様子も垣間見られるものです。
たとえ全部通して読まなくても
“Without the heart, the brain cannot produce music.(心がこもらなくては、頭だけでは音楽は生み出せません)”
“Music is the language of love.(音楽は愛の言葉なのです)”
といったモイーズの言葉を拾い読みするだけでも、彼の音楽に対する真摯な姿勢が伝わります。
英語の本ですが、高校生くらいの英語力で十分読める内容ですので、フルートと音楽を愛するすべての人にぜひ読んで頂きたいと思います。(T)
ページトップ
Copyright(C)muramatsu inc. All Rights Reserved. 個人情報保護に関する基本方針 特定商取引に関する法律に基づく表示 会社概要 お問い合わせ