ムラマツフルート
会社概要お問い合せマイページENGLISH & OTHERS
ムラマツフルート レッスン 楽譜 CD/DVD コンサート・ガイド
店舗案内 リペア メンバーズクラブ アクセサリー ムラマツ・ホール
楽譜検索 楽譜検索
MURAMATSU FLUTE MUSIC SEARCH
楽譜検索コーナーへようこそ。あなたの探している楽譜が、きっとみつかります。
オンラインショップTOPスタッフのおすすめ楽譜輸入版新着楽譜日本版新着楽譜ムラマツ・オリジナル楽譜特撰コーナー
トップページ > 楽譜 > スタッフのおすすめ > 書籍、その他 ご利用ガイド 買物カゴを見る メンバー割引
スタッフのおすすめ「フルートソロ、エチュード」 STAFF'S RECOMMENDATION
このコーナーでは、ムラマツのスタッフが、長年の経験から「これは!」と思う楽譜を、その目的や内容の解説付きでご紹介します。
定期的にご紹介する楽譜を更新して行きますので、皆様の目的に応じた「使える」楽譜が見つかることと思います。
アーノンクール・ニコラウス「古楽とは何か」(Book)
古楽とは何か〜言語としての音楽〜(翻訳:樋口隆一・許光俊)
楽譜ID : 32746
アーノンクール、ニコラウス / Harnoncourt, Nikolaus

古楽とは何か〜言語としての音楽〜(翻訳:樋口隆一・許光俊)
詳細情報はこちら
2016年3月5日にニコラウス・アーノンクールが亡くなりました。指揮者として“マエストロ”と呼ばれ、昨年末まで古楽の世界だけでなく大活躍したので、フルートの世界でもご存じの方は多いと思います。1952年にチェロ奏者としてウィーン交響楽団に入団し、団員と語らってピリオド楽器によるアンサンブル「ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス」を創立。以後オーケストラでの活動のほか、チェロ奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、コンツェントゥス・ムジクスのリーダーとして活躍し、アムステルダムのレオンハルト、ウィーンのアーノンクールとして人気を2分してきました。アーノンクールが“マエストロ”と呼ばれるようになったのは音楽活動の主体を指揮に移し、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルといった現代の楽器を使ったオーケストラも指揮するようになってからです。ピリオド楽器やピリオド奏法の経験を、現代の楽器や奏法にも生かし、アーノンクールの個性や考え方に裏打ちされた演奏は、賛否はありましたが、現代の楽器を演奏する数多くの音楽家たちにも大きな影響を与えました。しかし方法論というものは時が経つにつれて形骸化してしまい、表面的な真似事になってしまいがちです。「ノンヴィブラート、強いアクセント、短いアーティキュレーションがピリオド奏法だ」と言い切ってしまうのは論外としても。今ここでその原典に立ち返って根本を見直す時期ではないでしょうか。
「古楽とは何か –言葉としての音楽」(音楽之友社)は1982年に出版され1997年に翻訳された本で、アーノンクールが1954年以降に書きためてきた論文などをまとめたものです。「音楽と解釈への基本的考察」「楽器と言葉」「ヨーロッパのバロック音楽とモーツァルト」の3章に分けられた本書は、音楽の捉え方、考え方とその問題点、楽器と表現そしてアーノンクールの主張の中核をなす音楽に“話す”という表現を獲得すること、そして具体的なそれぞれの音楽に関する問題を論じた、刺激的で触発される内容です。ここに書かれていることはアーノンクールの主張ですし、全てではありませんが、半世紀以上も前からこのようなことを考え、実践をもって現代の音楽演奏に大きな影響を与えてきたことを考えれば、これから音楽を実践する人にとっての必読書のひとつと言ってもいいと思います。
この本を読んで興味を持たれた方は、さらに具体的な内容まで踏み込んだアーノンクール著の「音楽は対話である」(アカデミア・ミュージック)(商品ID:32833)を、またアーノンクールやウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの活動はどんなものだったかを知りたくなった方には、モーニカ・メルトルが行ったアーノンクールへの取材をもとに書いた文章と、アンサンブル・ウィーン・ベルリンのファゴット奏者であっただけでなく、コンツェントゥス・ムジクスでのバロック・ファゴットの名手でもあったミラン・トゥルコヴィッチの文章で構成された「アーノンクールとコンツェントゥス・ムジクス –世界一風変わりなウィーン人たち」(アルファベータ)を読んでみることをお薦めします。そしてもちろん数多く残されたアーノンクールの演奏を聴いてみることも。
(SR)
バッハ四兄弟(Book)
バッハの四兄弟(オルフェ・ライブラリー)
楽譜ID : 32261
久保田慶一 / Kubota, Keiichi

バッハの四兄弟(オルフェ・ライブラリー)
詳細情報はこちら
18世紀に「バッハ」といえば、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのことではなく、次男のカール・フィリップ・エマヌエル・バッハのことだったといいます。その後、ブラームスやシュピッタらの活動があり、バッハ全集の楽譜も刊行され、現代ではバッハといえばヨハン・ゼバスティアン。一時、息子たちのことは忘れられていました。
しかし、最近ではバロックから古典派の音楽への架け橋となった「前古典派」「多感様式」「音楽における疾風怒濤」などがクローズ・アップされると共に、その時代の中心的存在だったバッハの息子達の音楽に再び目がむけられるようになってきました。その楽譜を見、聴いてみると彼らの音楽は、それまでの時代とは異なった独創性を持ち、場合によっては時代を飛び越えたような近代性を感じさせる作品まであります。
著者の久保田慶一氏は長年、バッハの息子たち、特にカール・フィリップ・エマヌエルの研究を続けて来られた方です。名著「バッハの息子たち」の執筆から30年近く経った今、世界の最新の研究の成果を盛り込み、具体的な音楽の実例を引きながら、読みやすくまとめられたのが、この「バッハの四兄弟」です。
バロックから古典派へはフルート音楽の黄金期でもあり、数多くのフルート作品が残っています。それらの作品を演奏するときに、一度は目を通したい必読書としてお薦めします。(SR)
フルートの神様 マルセル・モイーズの想い出(Book)
MY TEACHER, REMEMBERING MARCEL MOYSE (ENGLISH)
楽譜ID : 29092
Fries, Susan
我が師、マルセル・モイーズの思い出 (英語)
MY TEACHER, REMEMBERING MARCEL MOYSE (ENGLISH)
詳細情報はこちら
「ソノリテについて」をはじめ多くの教本を著し、「フルートの神様」と呼ばれるマルセル・モイーズですが、1984年に亡くなってからもう25年以上がたち、若いフルーティストには実際どんな人だったのか、ご存じない方が多いことでしょう。 この本は、モイーズの弟子であった著者が師の思い出を綴ったもので、写真も多く掲載され、人柄がしのばれる数々のプライベートのエピソードはもちろん、レッスンの様子も垣間見られるものです。
たとえ全部通して読まなくても
“Without the heart, the brain cannot produce music.(心がこもらなくては、頭だけでは音楽は生み出せません)”
“Music is the language of love.(音楽は愛の言葉なのです)”
といったモイーズの言葉を拾い読みするだけでも、彼の音楽に対する真摯な姿勢が伝わります。
英語の本ですが、高校生くらいの英語力で十分読める内容ですので、フルートと音楽を愛するすべての人にぜひ読んで頂きたいと思います。(T)
ページトップ
Copyright(C)muramatsu inc. All Rights Reserved. 個人情報保護に関する基本方針 特定商取引に関する法律に基づく表示 サイトマップ 会社概要 お問い合せ